ブログ
第619回練習(1/8)
2022年1月14日

新年明けましておめでとうございます。ホルンパートのサトシです。
今年もLEWOをどうぞよろしくお願いいたします。

さて、新年を迎えて最初の練習である今回は、吹き初めと第8回演奏会へ向けての合奏となりました。
吹き初めでは普段の練習とは違う曲をほぼ初見で演奏する、毎年楽しみにしている恒例行事なのですが、年末年始に楽器を全く触らないために体力が落ちてしまい、結局最後まで吹き切ることができず毎年悔しい思いをする行事でもあります…。
今年も好きな曲ばかりでしたが、残念ながら私は2曲目で力尽きてしまいました。
吹き初め後も合奏が続きましたが、疲れた音しか出せないような状態だったので今後リハビリが必須ですね…。
本番ではもっとヘビーな曲をたくさん演奏するので、そろそろ本番に向けた体力調整を行っていきたいところです。
今年は個人練習の時間を増やすことを目標にして演奏会本番まで頑張っていきたいですね。

団員募集

・LEWO公式Twitter

・LEWO公式Facebook

https://m.facebook.com/LEWO.GameMusic/

・LEWO公式HP

http://lewo.osaka.jp/

・LEWO公式LINE

https://t.co/9X58WIml2G

次回開催の演奏会の情報はコチラ↓
団員一同お待ちしております!

——————————————————————————-

日時:2022年4月30日(土)
開場 12:00 / 開演 13:00
会場:高槻現代劇場(大阪府高槻市)
◆入場無料◆

曲目:
FINAL FANTASY Ⅸ
ファイアーエムブレム 風花雪月
カービィのエアライド
ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア
チョロQ3
ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?
スーパーマリオ オデッセイ より「Jump Up, Super Star!」
NieR:Automata より「Weight of the World」
ぷよぷよSUN より「OPENING」

——————————————————————————-

以下は練習に全く関係のない話ですが、2022年1月は私が今非常に楽しみにしているゲーム「Pokémon LEGENDS アルセウス」が発売されます。(1月28日発売です!)
初めて情報が公開された時から世界観に滅茶苦茶惹き込まれ、昨年8月に公開されたPVに心を奪われて何十回も見返して以降、ずっと楽しみにしております。
ポケモンシリーズで新たにアクション要素を導入した挑戦作であり、新ポケモンや新しいバトルスタイルなどとにかく新要素が多い印象の本作ですが、個人的にはそれよりも何よりも、この作品がポケモン世界の過去を描いていることがとにかく楽しみなポイントです。

本作の冒険の舞台はダイヤモンド/パールで冒険するシンオウ地方の過去の世界である「ヒスイ地方」なのですが、ここまで明確にポケモン世界の過去について描かれるって初めてじゃないですか?それはつまり、ポケモンの世界では昔どんな文化が築かれていて、どんな歴史があったのかを初めて体感できるということです。
例えばモンスターボール一つ取っても、昔はああいう形状で、ベースが木製だったのはぼんぐりをクラフトしているから、とかそういう発見がある時点でもう楽しい。
ぼんぐりというのは金/銀で初登場したアイテムで、これをヒワダタウンという町にいる職人さんに渡すと特殊なモンスターボールを作ってもらえるのですが、そこにいる町の人の「昔の人はみんなぼんぐり使ってポケモンを捕まえていた」という発言が事実だったことを体感できるわけです。

他にも、公式サイトによると最初にもらえるポケモンはそれぞれ「アローラ地方」「ジョウト地方」「イッシュ地方」からやって来たと明記されていますが、冒険の舞台である「ヒスイ地方」は現在の「シンオウ地方」の昔の地名であるため、アローラ・ジョウト・イッシュはかなり昔から存在する地名だったと推測できたり、そのアローラ地方のみ登場した「キャプテン」や「キング」「クイーン」といった要素・名称がヒスイ地方でも使われていることから、そういったものが昔複数の地方で共通して存在し、しかしヒスイ地方と現在のアローラ地方のそれらでは異なる点も多いため、それは文化の違いでそうなったのか、歴史の流れで変わっていったのか、そういうことに考えを巡らせられるのも楽しいですね。

また、現在のシンオウ地方の地形や建造物が、ヒスイ地方ではどのように描写されているのかも楽しみです。
ノモセ大湿原やキッサキ神殿、224番道路辺りも興味がありますが、個人的にはトラウマスポットである森の洋館がこの時代に存在するのかが気になります…。
他にもハクタイシティのポケモン像やらカンナギタウンの壁画やら送りの泉やら…挙げるときりがないですね。あとは「みつぶたい」が登場するのかどうかも。

以上のとおり非常に楽しみではあるのですが、懸念事項が目玉要素でもあるアクション要素です…。
私はアクションゲームが苦手で、特に「避ける」という行動が滅茶苦茶下手なのですが、PVを見る限りこのゲームは回避が重要になってきそうなので上手く対応できるのか非常に不安なところです…。期待度に反して、クリアするまでの苦戦度合いは過去最高になりそうですね…。

他にも、図鑑作成や広大なマップ、シナリオや音楽など楽しみな点は多々ありますが、これ以上は文章量がとんでもないことになりそうなのでやめておきます。
ゲームの発売日がこんなに待ち遠しいのは久し振りなので思わず長々と書いてしまいました。お目汚し失礼いたしました。


演奏動画のご紹介

他の演奏動画については下記ページよりご覧いただけます。

SNSのご案内

Twitter、Facebook、LINE、YouTubeチャンネルでも情報を発信しております。
よろしければ下記リンクからご登録ください。
Twitter
Twitter
Line
You Tube
 

団員募集

LEWOでは一緒に演奏する仲間を募集中です。詳細は下記ページからご確認ください。

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com