ブログ
ファイアーエムブレム 風花雪月~金鹿学級編~/LEWO団員からの演奏タイトル紹介
2021年5月8日

こんにちは~!

TPパートのJPと申します。

今回は、団員による演奏タイトル紹介、ということで、

私からはファイアーエムブレム 風花雪月を紹介させていただきます!

ファイアーエムブレム風花雪月

 

そもそもファイアーエムブレムって?

 ファイアーエムブレムとは、任天堂から発売されている手強いSRPGです。1990年にシリーズ第1作「ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣」が発売されて以降、数々のシリーズ作品が発売されており、今作「ファイアーエムブレム 風花雪月」が第17作です。※#FE、FE無双は除く

作品のあらすじ

 この作品は、中世ヨーロッパのような世界観の「フォドラ」という地を舞台にして繰り広げられます。物語は、ある夜盗賊の襲撃に遭って村に逃れてきた3人の学生を、主人公が助けるところから始まります。盗賊を退けた後に話を聞くと、学生たちはフォドラを三分しているファーガス神聖王国アドラステア帝国レスター諸侯同盟の次期後継者であることが判明します。その3人が通っているのが、フォドラの中心に位置する「ガルグ=マク」という士官学校を併設した修道院であり、3人は王国帝国同盟の出身者からなる学級の級長だったのです。盗賊から襲撃に遭った際、学級担任が一人脱走してしまったため、欠員補充をしなければならなかったところ、主人公に白羽の矢が立ち、3つの学級の内、1つの学級の担任を受け持つことになります。
ファイアーエムブレム 風花雪月では、どの学級の担任をするかでその後のストーリーが大きく変わっていきます。

作品の見所

 この作品の見所は、何と言っても壮大な世界観とキャラクターたちの人間臭さです。
物語はフォドラを中心にして進んでいきますが、フォドラの歴史や周辺地域との関係性など非常に細かい部分まで設定が作りこまれています。そしてそこで生活しているキャラクターたちについても、一人ずつどんな生い立ちなのか、どんな葛藤を持って暮らしているのかなど、年表を作ったんじゃないかと思うくらいに細かく設定が作られています。
物語序盤の選択によって、その後のストーリー展開が変わる、というのは前作の「ファイアーエムブレム if」でも取り入れられていましたが、今回の風花雪月ではキャラクターたちが圧倒的に作りこまれています。この作品では、登場するキャラクター同士の支援会話というものがあるんですが、そのテキスト量が半端ではない…! 言葉の端々に個性がちりばめられているので、この子なんとなく好きになれなさそうなんだよなぁ……なんて思ってたキャラクターの支援会話を見ていくと、なんだ、全然いい奴じゃん! ってなることもよくあります(※個人の感想です)。ゲームの進め方によりますが、キャラクターに纏わるエピソードを拾い上げていくと、ぼくは1週するのに100時間くらいかかりました。

それから、忘れてはならないのが音楽ですね。作品中の音楽がどれも素晴らしい! 壮大で勇壮なもの、コミカルでかわいいもの、ロマンティックで甘いもの。そのどれもが物語を要所要所で彩っています。中でも、序盤の戦闘曲として使われている「フォドラの暁風」は何時間でも聴いていられるほど好きです。初プレイでこの曲を聞いた時、「え? こんないい曲が通常戦闘曲なの?? 贅沢すぎでは???」と一人テンパっていました。

推し紹介!

  さて、作品全体の紹介はこれくらいにしておきまして、ここからはぼくの推し学級を紹介します!

ぼくの推し学級は、レスター諸侯同盟の出身者で構成されている、金鹿の学級(ヒルシュクラッセ)です!

推しポイント クラスメイトが個性的だけどまとまりがある。実家のような安心感。

どのクラスも個性的なんですけど、他の王国帝国出身者の学級に比べて、フラットで距離感が近い感じがします。

級長のクロードによる雰囲気づくりによるものだと思います。
貴族だけでなく、平民出身の生徒もいますが、クラスメイト同士が肩肘張らず、自然体で関わっているのを見て、肩書とかじゃなくてちゃんと目の前にいるその人のことを見て受け入れているんだなっていうのがすごく伝わってきます(※貴族貴族とうるさい奴が一人いますが)。
あるがままを受け入れてくれる雰囲気があるせいか、プレイをしていくうちに、実家のような安心感を覚える瞬間があります(※個人の感想です)。

推しキャラクター リシテア(・ローレンツ)

ヒルシュクラッセの中での個人的な推しキャラクターを紹介します!

・リシテア=フォン=コーデリア

 ただただかわいい。尊い。いや、かわいさだけが魅力ではないんですけどね。彼女は学級内で最年少ということもあって子ども扱いされることがあるのですが、彼女はそれを徹底して嫌がります。「死ぬほど努力してますから!」っていうセリフが彼女にはあるんですが、本当に努力の人。ある事情から人一倍努力をすることになり、目標のために自分を厳しく律しています。どこまでもストイックな姿勢は本当にかっこいいです。その反面、甘いお菓子が好きだったり、お化けを怖がったりと年相応のかわいらしい部分があるんですよ。そんなの、反則的にかわいいに決まってるじゃないですか……。

ローレンツ=ヘルマン=グロスタール

 貴族貴族うるさいんですよねこの人。何かにつけて、これは貴族の責務だとかなんとか。いちいちクロードに突っかかるし。貴族貴族うるさいし。めんどくさいし。そう思っていました。でもそれだけじゃなかったんです。ごめんなローレンツ。ネタバレになってしまうので詳しくは書けませんが……いい奴なんです、ローレンツって。勘違いされがちなんですけど。

 

さて、他にも推したい要素はありますが、長くなってしまうのでこの辺で。この記事を読んで、一人でも多くの方に興味を持ってもらえると嬉しいです!



第8回演奏会(2021年9月19日開催予定)のご案内

演奏タイトルのご紹介記事

演奏動画のご紹介

他の演奏動画については下記ページよりご覧いただけます。

SNSのご案内

Twitter、Facebook、LINE、YouTubeチャンネルでも情報を発信しております。
よろしければ下記リンクからご登録ください。
Twitter
Twitter
Line
You Tube
 

団員募集

LEWOでは一緒に演奏する仲間を募集中です。詳細は下記ページからご確認ください。

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com