ブログ
第238回LEWO練習
2011年9月19日

 

お久し振りな方、初めての方。どうもです。

B.Trbの日直でございます。

少し涼しくなってきたこの頃ですが体調など崩されてませんか?

自分はすこぶる元気であります。

さて、私たちが演奏する為に存在している「譜面」。

やさしいものから超難易度のものまで。解りやすくいうならば太鼓の達人では「おに」,、ワギャンランドでいうところの「かみさまモード」、ヴァルキリープロファイルでいうとハードモードで初めて初期に出会う「忘却の洞窟の中にいるキングクラーケン」。

上記のような楽譜が存在するのです。

初見では辛くて「無理ゲーwwwwwwww」と笑ってしまうものや「何でこんな動きになってるのorz」となったりするモノです。

ところが、人というのは凄いものです。何度も何度も挑戦し、叩き潰されて、それでも立ち上がって鍛えられていくと不思議とするっと演奏できるレベルになっていきます。(多分

「こんなの叩ける人居るの?」も叩けるようになりますし「このすうじさがしは超えられない・・・」もパーフェクトを取れるようになりますし「イカが強すぎる・・・」というのもドラグーンフェイスが取れるようになる訳です◎

何が言いたいのかというと練習で頂いた譜面にそれに近いものがある(かもしれない)という事なんですね!

どこでブレス取るんだろう?と思いながら割ときれいに整列した8分音符を見ながら思うのです。

さぁやるよ!ってことで明記された拍数で練習。もちろん最初は上手くいかない訳ですが数回通すとサクサクと鳴るようになるんですね。

上記の文章で大方を理解していただけた(?)かと思いますがゲームも演奏も進む事を止めちゃダメ!ってことなんですね!

もうすぐ本番があり、非常に練習にも熱が入っております。一つ一つが確実に重なって形になっていってます。

皆々様が会場に聞きに来てくださる時に最高の状態に仕上げていこうと思っています。

ますます勢いに乗ってがんばりたいと思いますのでよろしくお願い致します。

+1

コレを読んだ編曲関係者の人は「そうかそうか。じゃぁ難易度をヘルモードにしてやろう^^」とかやめてくださいね。

いや、ホントに。お願いしますorz

 

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com